ホーム ›  福岡進出企業へのインタビュー › 株式会社ヒューマックスジャパン

福岡進出企業へのインタビュー

株式会社ヒューマックスジャパン

株式会社ヒューマックスジャパン
株式会社ヒューマックスジャパン
【代表者】代表取締役社長 安 ボクヨン
【所在地】(福岡支店) 〒814-0002福岡県福岡市早良区西新4-9-35 真栄ビル6階
【電 話】(福岡支店)092-203-9000
【ホームページ】http://www.humaxdigital.co.jp
【設 立】2011年5月23日
【事業内容】デジタル衛星放送用セットトップボックス 、デジタルケーブル放送用セットトップボックス 、車載用デジタルAV機器 等の販売

朴 智慧 福岡支店 営業部 課長代理に聞く

朴 智慧 福岡支店 営業部 課長代理に聞く

衛星放送・ケーブルTV放送用STBの製造TOPメーカーの韓国 HUMAX社の100%子会社であるヒューマックスジャパンが、2011年5月に福岡支店を設立しました。ケーブルTV放送用STBに加えて、新たに車載用地デジチューナーの販売にも力を入れています。福岡支店では、日本市場向けの全ての製品開発を行っています。多いときには韓国・ソウルからの出張者など含めて20名規模で業務を行うこともありますが、そのため、韓国との交通アクセスの良さは欠かせません。

東京から開発部門を福岡へ移した背景について教えて下さい。

元々開発拠点が東京の練馬にありました。主に韓国の本社からの派遣された開発者の製品開発拠点でしたが、3月の東日本大震災と福島原発事故があってからは、東京勤務に対しての出張者やその家族の心配が大きくなりました。そこで、ラボの移転先を探していたところ、韓国との近接性も良い福岡が最適だと判断して移動することになりました。

九州や福岡の印象を教えて下さい。

本社から派遣された開発者もとても満足しています。東京より物価も安く、特に食べ物がとてもおいしいとの評判です。韓国とも近くて、空港から市内までの交通も良く、韓国ソウルからのラボまでの距離も短くなってすごく便利です。
また、自然環境も綺麗で、近くに海もあり、毎日パソコンの前の仕事で体も心も疲れている時に休みの時間に海の散歩もできて、すごく癒されている感じです。

ヒューマックスジャパン社の強みを教えて下さい。

ヒューマックスジャパン社の強みを教えて下さい。

デジタルソリューションのクオリティが高いのが弊社の強みです。弊社は日本だけではなく、全世界に放送受信関連デジタル製品を販売しており、各国のニーズに応じた先進的なソリューションの提供が可能です。また、リーズナブルな価格で、適時に製品を出すことで、お客様からいい評価を貰っています。また、海外メーカーではありますが、日本独自放送規格に即したソリューションで、日本のメーカーと同等に競争しています。

福岡オフィスの役割について教えて下さい。

東京本社は営業拠点で、福岡支店は開発拠点です。放送関係のデジタルSTBや車用の地デジチューナーを制作しています。開発には日本の放送信号が必要で、日本で販売されている弊社の製品はすべてここで開発されています。開発設備や検証設備などが揃っています。

福岡支店を設立してから御社のビジネスがどのように変わりましたか?

韓国の本社がある弊社としては、やはり、優れた接近性により、仕事が早くなったり、問題に対応する速度が速くなりました。ソウルから福岡まで飛行時間は1時間あまりで、空港から市内までの交通も良く、2時間程で事務所まで着きますので、韓国内の地方移動より早くなっている気がします。また、九州、四国などの販売先についての対応も向上し、営業的にも、お客様サポート的にも対応が早くなっています。

今後の展望について教えて下さい。

今後の展望について教えて下さい。

地上波がアナログからデジタルに変わる過程において、家庭内だけでなく車の中のテレビもデジタルに切り替わっています。今まで車の中のテレビと言えば『砂嵐』のようなノイズの中での視聴でしたが、デジタルに移行することにより、家庭と同等のきれいな映像をみることが可能です。STBメーカーであるHUMAXの技術を用いて車載用の地デジチューナーを発売し、多くの方に車の中でもきれいな画像を体験してもらいたいという気持ちで車載用品に参入をしました。
地デジチューナーをスタートとして、『車の中での楽しさの演出』をする機器をこれからも次々と市場に投入をしてゆくために、『Car Infortainment』(車の中での楽しさの演出と情報の取得)事業を立ち上げました。第2弾として11月に『地デジチューナー搭載リアカーモニター』を発売しました。 
2012年に向けても様々な商品を開発中です。そのような商品群もここ福岡でいろいろなテストを行っています。どうぞ、ご期待ください。
また、家庭用STBにつきましては、BSの多チャンネル化による録画需要拡大に応じた、CATVテレビ用のHDD内蔵STB(JC-6500)も今年12月発売されましたので、よろしくお願い致します。


pagetop

Copyright © Fukuoka City Government