ホーム ›  外国企業の方 › コストシミュレーション

外国企業の方

コストシミュレーション

実際に福岡市に進出するには、オフィス賃料や会社設立費用などの基本費用が必要となります。
ここでは具体的に、何にどのくらいの費用がかかるのかを紹介しています。 下記の表は、投資・経営の在留資格を前提とした外国人を対象に、福岡で支店または株式会社を設立する場合にかかるコスト例を示しています。
ここに示している金額はあくまで一般的なものであり、各々の事例や状況によって異なりますので、予めご了承ください。

コスト例 外国法人の支店 株式会社
1.事前準備費用 内容により異なる 内容により異なる
2.テンポラリーオフィス 30,000 30,000
3.オフィス設置 1,160,000 1,160,000
4.設立費用 451,300 603,300
5.短期滞在査証 9,200 9,200
6.在留資格 12,910 12,910
7.印鑑作成・印鑑登録証明費 63,900 63,900

(単位:円)

上記の表のほか、駐在社員の渡航費、社宅取得、現地採用従業員の採用コスト、株式会社の場合、資本金などが必要です。

pagetop

Copyright © Fukuoka City Government